レッドカンパニーとは?

レッドカンパニーとは?参照写真
※第3回公演「午前0時の喫茶室」より

レッドカンパニーとは、JCM(ジャパンクリエイティブマネージメント)に所属する山本夢人が立ち上げた演劇ユニットです。 前身劇団Swanky Riderのプロデュースユニットの位置づけで2011年に旗揚げしました。

「クオリティの高い作品をロングランできる組織づくり」

を目的に

○不変のエンターテイメント要素と、常に変化する社会的要素が融合した作品作り
○中劇場・大劇場でロングランできる実力のある組織作り
○メディアとの連携を活発化し、団体にかかわる役者・スタッフが活動の幅を広げていくこと

を意識して日々活動しています。

作風はエンターテイメント。幅広い年齢層の方が楽しんでいただけるわかりやすい作品作りを目指しています。 また、単なるエンターテイメントで終わらず、現代特有の生きづらさを抱えたものが救われ成長していく、未来を見据えた作品作りを目指しています。

山本の作品の特徴である、現代特有の若者の葛藤。 昨今増えているといわれている、潜在的に不安や無力感を抱えるキャラクターが、悩みと戦い、時に流されながらも、 生きることの素晴らしさや未来への希望を見出していくストーリー展開には一定の評価をいただいております。

世界観は現代と準SFの間。スタイルは、原則ストレートプレイですが、ダンス、将来的にはミュージカルも視野に入れて、こだわりはありません。

レッドカンパニー CoRich舞台芸術
Swanky Riderオフィシャルサイト
Swanky Rider CoRich舞台芸術

山本夢人プロフィール

脚本家・演出家。演劇ユニットレッドカンパニー主宰
JCM(ジャパンクリエイティブマネージメント)所属

ラジオドラマや配信ドラマ、携帯ゲームのシナリオなどを手掛ける。また、演出家としても、ミュージカルの演出や外部演出・講師活動を精力的にこなすなど、活動の幅を広げている。

1977年生まれ。兵庫県宝塚市出身。

1996年に大学で役者として初舞台。
1997年に初の脚本・演出。
1999年、3本目の脚本・演出作品「バースデープレゼント」で、大阪市主催の大学演劇祭「キャンパスカップ’99」にノミネート・上演(@扇町ミュージアムスクエア)。

2000年に2000年度劇団スーパー・エキセントリック・シアター研究生に俳優として入所。上京。

研究生のメンバーで2001年に旗揚げした「劇団次元☆爆弾」に参加。旗揚げ公演の途中から主宰になり、本公演6回。2003年に劇団名をSwanky Riderに改名。ザ・ポケットなどで本公演12回。全公演の脚本・演出。(俳優は2006年に卒業。)

2006年より叶諡舎主催の即興イベント「アクトリーグ」に演出家として参加。2007年関東優勝。
2008年より2010年まで叶諡舎の演出家兼プロデューサーとして活動。アクトリーグはフジテレビで4回放送。
また、2009年より、JCM(ジャパンクリエイティブマネージメント)に所属。

2011年、演劇ユニットレッドカンパニーを立ち上げる。

山本夢人ブログはこちら
JCM